プロフィール

羽風のメンバープロフィールをご紹介いたします。

Noriko(佐々木法子)~フルート

佐々木法子

6歳よりピアノを始める。
小学校では器楽クラブでアコーディオンを担当。
中学から吹奏楽部に入部しフルートを始める。
高校卒業後は一般の楽団に入団し、コンクールで全国大会出場を果たす。
2001年グラミー賞受賞者のフルーティストNestor Torres氏の演奏を聴き衝撃を受け、smooth Jazz・bossa novaの世界へ。Jazzを菊地康生氏に師事。
2002年、Nestor Torres氏の来日の際に直接Lessonを受け、その素晴らしい人間性・音楽性に益々魅了される。
その後、Nestor氏の来日がきっかけでflamenco studio「CARMELA」の小林 弘子氏からのお誘いでflamenco音楽の世界へ。flamenco fluteを山本俊自氏に師事。
2005年頃よりバンド活動も始め、レストラン・ライブハウスでの演奏も開始。
2018年よりbossa novaを今井亮太郎氏・外園健彦氏に師事。
現在は、flamenco・bossa nova音楽を中心としたライブ活動や作曲活動を行っている。

Ayami(寺島礼美)~ピアノ

寺島礼美

4歳からピアノを始める。
大学在学中に作曲活動を開始。
2012年 “水立方杯”海外华裔青少年中文歌曲大赛(北京国家侨办、北京テレビ共同開催) 優秀賞。日中友好行事で経験を積む。
フラメンコは踊りからスタートし、2017年以降複数ライブにキーボードで参加し始める。
フラメンコのメッカ”セビージャ”、バークリー音楽大学などに短期留学し研鑽を積む。
2019年よりソロ弾き語り企画“Limeism”を始動。

Akira(後藤晃)~ギター

後藤晃

14歳でロックギターを始める。
高校時代はヘヴィメタル系のバンド活動に熱中。
高校卒業後、音楽の専門学校でジャズギター・音楽理論等を学ぶ。
18歳頃よりフラメンコギターを瀬田彰氏に師事。
1996年~1997年スペイン留学。
アグスティン・カルボネル”エル・ボラ”、パコ・ クルス等に師事。
1998年~2003年 地元静岡でフラメンコギタリストとして活動・教授活動も行う。
2003年より東京に拠点を移す。
2005年 フラメンコ・ポップ・グループ『Galeria Rosada』結成。
2007年 Galeria Rosada 1stアルバム『Secrets of the world』発表。
現在はギタリストとして活動を展開する他、
作曲家・アレンジャー・エンジニアとしても活動、幅広い音楽性を追求している。